交流活動

SFMレジデント・フェローのミシガン大学研修

SPI Presession

2010年のSMARTER FMプロジェクト始動から、15名以上のSFMプログラムレジデントやフェローがミシガン大学家庭医療学科ファカルティーの下で短期研修を行っています。詳しくはこちら

 

 

ミシガン大学ファカルティーのSFMでの指導

Dr. Rew precepts resident

2010年以降、SMARTER FMプロジェクトの一環として、ミシガン大学および他大学ファカルティーが臨床や研究などの指導のためにSFMプログラムを訪れています。助成金の支援の下、ミシガン大学ファカルティーは静岡ファカルティーや自治体リーダーとともに、研修プログラムやその評価方法の発展を通して、日本における家庭医療教育の改善に努めています。 詳しくはこちら

その他の交流活動

SFM Delegation Flag

SMARTER FMプロジェクトでのミシガン大学とSFMプログラムの協力を機に、静岡県視察団によるミシガン大学訪問やミシガン大学医学生のSFMプログラムでの見学・実習など、日米における家庭医療事情への理解を深める貴重な交流が生まれています。このような交流を通じて、日本でも家庭医療の真価がよりよく認められ、未来のコラボレーションにつながることを願っています。詳しくはこちら